移行期牛における炎症の管理

移行期牛における炎症の管理

アダム・ガイガー博士

乳牛栄養学者

ジンプロコーポレーション

シェア

どのように炎症が移行期牛へ影響を及ぼすのか

分娩後、乳牛は生殖器官の再構築や分娩時に侵入した病原体を排除、損傷組織の回復のために起こる急性炎症反応を抑えるまで約2カ月間かかります。この過程のおかげで牛は次の妊娠に備えることができるのです。

牛が急性炎症反応を抑えることができないのなら、その炎症は慢性化し乳生産や繁殖のために利用されるエネルギーや栄養素を奪ってしまいます。さらに、生殖器官での炎症が長引くと、健康問題まで行き起こすことになります。

非常によく見受けられることですが、この時期に慢性炎症が乳腺で起こると体細胞数を増加させ乳質にも影響を与えてしまいます。

 

慢性炎症を抑えるための移行期牛プログラム

ストレス管理

環境的、社会的、身体的いずれのストレスの場合でも、ストレス因子は摂食量を減少させ、免疫機能を弱めてしまう炎症反応を引き起こします。牛群間の移動を制限することは、ストレスを軽減する一つの方法です。もし、移行期牛を新しい牛群に移動させる必要があるのであれば、社会性のストレスを軽減するために、10頭以上のグループで1週間に1度移動させてください。また、牛群内の飼養密度を低く保ち、水槽と飼槽に容易に行けるようにして下さい。さらに、牛群内は清潔であること、かつ乾燥していることを確認して下さい。

暑熱ストレスも同様に、慢性炎症を引き起こします。暑い日には、十分な日陰や飲用水・冷却水、空気の流れを確保することで、暑熱ストレスを軽減するようにして下さい。

 

移行期飼料とジンプロ・ミネラル

牧草が主の飼料から、穀物やデンプンがより含まれた飼料へ変更することは、腸内膜を損傷させ炎症を引き起こしてしまいます。従って、牛の飼料の変更は徐々に行って下さい。

アベイラ4のようなジンプロ・ミネラルは、移行期牛における急性炎症反応を抑え、乳生産に必要なエネルギーや栄養素を供給します。ジンプロ・ミネラルは、腸内膜の健全性も向上させ、それにより飼料変化の影響を軽減します。さらに、ジンプロ・ミネラルは、乳腺の炎症を抑えて体細胞数を減少させることで、移行期牛の乳質を向上させます。

微量ミネラルは腸や子宮、乳腺の健康ならびに蹄の健康状態や健全な角質形成のために必要な上皮細胞の健全性を高めることに対して、非常に重要な役割を担っています。また、移行期を通してストレスを軽減し、生産性という最も重要なものに対して栄養素を蓄積させることに対しても同様に非常に重要な役割を担っています。

移行期牛の栄養プログラムにおけるジンプロ・ミネラルの役割についてご質問、ご相談は弊社営業担当者までお問い合わせ下さい。

 

シェア

Theme picker